ルプルプVSアプロナヘアカラートリートメント

ルプルプとアプロなヘアカラートリートメントを体験して比較しました

ルプルプとアデランスから発売されたアプロナヘアカラートリートメントを
体験して、比較しました。

 

アプロナヘアカラートリートメント 

アプロナヘアカラートリートメントは、文字通りトリートメントとして

使って、白髪染めをする製品です。

 

シャンプー後、髪の水気を拭き取ってから塗布するタイプです。

 

今まで、シャンプー前の乾いた髪に塗布する方法で染めてきました。
シャンプー後の塗布は、今回が初めてです。

 

アプロナヘアカラートリートメントを、体験した時期は、秋です。

 

まず、裸でいきなりシャンプーするには、ちょっと寒い!
湯船に7〜8分浸かって体を温め、シャンプーを開始。

 

その後、冷えた身体を再び温めるため湯船に浸かります。
ここで、ようやく髪の水気を拭き取り、アプロなヘアカラートリートメントの
塗布を開始。

 

液剤は、ちょっと柔らかめなので、少し水気の残っている髪に
塗布するのにちょうどいいです。

 

塗布し終わったら、またまた、身体を温めるために湯船に浸かります。
ここで、身体を洗います。

 

そして、ようやくアプロナヘアカラートリートメントを洗い流します。

 

ルプルプは、乾いた髪に塗布して、洗い流してからシャンプーしていました。
色水が出なくなるまで洗い流してからシャンプーすると、
また、色水が出ていました。

 

アプロナヘアカラートリートメントのように、シャンプー後の塗布だと、
相当しっかり洗い流さないと、頭皮に液剤が残ることが心配でした。

 

アプロナヘアカラートリートメントを、実際に洗い流してみると、
色水のキレは、スゴく良かったです。

 

色水が切れたあと、1分くらい洗い流しました。
その結果、電子顕微鏡で頭皮を見てみたらば、液剤が
残っていました。

 

シャンプー後塗布の製品は、アプロナヘアカラートリートメントに限らず
相当しっかりとすすぐ必要がありますね。

 

しかも、上記のように、寒い季節には、何回も湯船で、身体を温める必要があるので
とっても面倒くさい!

 

これだけ面倒くさい思いをして染めてみたら、色のはいりはいいし、
トリートメント効果もルプルプに引けをとりません。

 

しかも、自然派シャンプー『花しゃん』との相性が良かったのか、髪のボリュームもすごい!

 

どちらを使いますか?と聞かれたら、面倒くささがないルプルプを使います。

 

 

アプロナヘアカラートリートメントの体験を見てみる方はこちら

 

 

ルプルプVSアプロナヘアカラートリートメント関連ページ

ルプルプが届きました
大評判のルプルプが届きました。どんな箱に入ってくるのか、中の冊子はどんなことが書いてるのか、 写真でご覧ください。
ルプルプで白髪染め 1回目
ルプルプ(LPLP)が届きました。自宅で簡単にそめられるのか、素手で染めてホントに大丈夫か、臭いは、染まり具合は、と検証して、口コミを辛口評価しました
ルプルプで白髪染め 2回目
ルプルプ(LPLP)の口コミの真実を検証すべく2回目の白髪染め体験です。1回目は予想通りの染め上がりでした。2回目は、予想より染まりませんでした。 それはなぜかをレポートします。
ルプルプで白髪染め 3回目
ルプルプ(LPLP)染まらないの口コミを検証のため3回目の白髪染めをしました。2回目で気がついた、使用量、コーミングを丁寧にした染まり具合の真実を伝えます。
ルプルプで白髪染め 4回目
ルプルプ 染まらないの検証も4回目になります。今回はちょっと実験をしてみました。大分涼しくなってきた状態で放置時間を短くしたり、その他にも今までと違うことをしてみた結果をご覧ください。
ルプルプ お風呂で体験 5回目
ルプルプの白髪染めも、だんだん慣れてきました。今回は、初めてのお風呂での体験をしました。もともと、お風呂の中で簡単に染められるという所が人気なんですが、はたして結果はどうなったでしょうか?
ルプルプの白髪染め 夫のナイスフォロー 6回目
ルプルプの白髪染めにもなれてきて、自分ではちゃんとできてるつもりだったんですが、塗布の仕方にちょっと足りなかった部分がありました。それを発見したのが夫だったんです。どのような点なのかをレビューします。
ルプルプ ダークブラウン 色の評価
ルプルプ ダークブラウンで白髪染めを体験してみました。口コミを見ると、この色の評価が、いい、悪いに別れるようです。実際に染めてみて評価します。
ルプルプで白髪染め 染めるコツとは
るプルrぷの白髪染め体験で、色々実験してみました。そこで、塗布する時のコツ、保温のコツ、放置時間はどのくらいがいいのかなどを整理しました。
ルプルプ(LPLP)で生え際を染めるには?
ルプルプ(LPLP)は髪と頭皮に優しい白髪染めです。素手で染めると、手の汚れがきになります。では、生え際を染めるには道づればいいのでしょうか?顔や耳に、液材がついてしまったらどうなるのでしょうか?
ルプルプ 染まらないの口コミはウソ?
ルプルプ 染まらないっていう口コミをよくみかけます。本当のことが知りたくて、実際に購入して染めてみました。体験から本当のことをレビューします。
ルプルプのトリートメント効果は?
ルプルプは、がごめ昆布に含まれるフコイダンをWフコイダンという独自に開発した成分で、頭皮と髪に働きかけて、かみに潤いを与えると、説明書にありました。実際に使用してみて、髪はどうなったのかをレビューします。
ルプルプの色落ち早い?
ルプルプの色落ち早いという口コミを見かけました。 私が体験した結果はどうだっったかをれぶーして、その原因をいくつかあげてみました。
ルプルプの白髪染めは経済的?
ルプルプ(LPLP)は、色の入りも、色持ちもいいことが分かりました。それでは、どのくらい経済的なのか検証しました。
ルプルプは男性も使える?
ルプルプ(LPLP)は、女性に大人気の白髪染めです。男性にも使えるのかを検証しました。
利尻昆布の白髪染め 口コミVSルプルプ 口コミを斬る!
ルプルプ 口コミと、利尻昆布の白髪染め 口コミはよく比較されます。ルプルプはがごめ昆布、利尻ヘアカラートリートメントは、利尻昆布を配合していますね。 管理人が体験した両者をレビューします。
ルプルプVSレフィーネ
ルプルプと並ぶ人気の白髪染めのひとつにレフィーネがあります。レフィーネを体験して、ルプルプとの違いを比較しました。
ルプルプVSレフィーネヘッドスパ
ルプルプと並ぶほどの人気白髪染めレフィーネヘッドスパの体験をしました。比較してレビューします。
ルプルプVSマリアンナプラス 煌髪(キラリ)
ルプルプとマリアンナプラス 煌髪(キラリ)の白髪染めを体験しました。比較してレビューします。
ルプルプVS玉髪(たまぐし)
ルプルプと玉髪(たまぐし)を比較しました。玉髪(たまぐし)は、ハチミツ配合というところが気になります。いい点、悪い点はどんなところなのでしょうか?