ルプルプVSマリアンナプラス 煌髪(キラリ)

ルプルプとマリアンナプラス 煌髪(キラリ)の白髪染め体験をしました

マリアンナプラス 煌髪(キラリ)の白髪染め体験をしました。

 

マリアンナプラス 煌髪(キラリ)は口もと年齢美容液「豊麗」でお馴染みの医大発コスメ「マリアンナ」から2013年2月1日に新発売された白髪染めです。独自開発した「ヘアケアキューブ」という毛髪浸透促進成分を配合しています。

 

まず、色の入り具合は、ルプルプとほぼ同じくらいです。

 

臭いは、ルプルプの方がわずかにいい臭いです。

 

液材は、どちらも液ダレせず、初心者の方でも扱いやすいです。

 

放置時間は、染めた季節が違いますが、ほぼ同じです。

 

ダークブラウンの色は、ルプルプの方が濃いこげ茶で 煌髪(キラリ)の方は、少し赤茶系です。

 

洗い流しの時間は、ルプルプの方がちょっと長いです。 煌髪(キラリ)は色水のキレがいいです。

 

シャンプーをしている時の髪は、なんといってもルプルプが一番いいです。 煌髪(キラリ)も相当いいんですがルプルプにはかないません。
ルプルプは、微アルカリ性だからなのか、色水を流した後、シャンプーをしていて、髪のツルツル感が断然いいですね。他のどの白髪染めより一番いいです。

 

色持ちは、ほんのわずかの差で、ルプルプの方がいいです。 煌髪(キラリ)が悪いわけではありません。ルプルプが優秀なんですね。

 

液材を塗布している時は、 煌髪(キラリ)のクシ通りの良さにはビックリしました。本当にビックリするくらいスルスルとクシが通ります。だから、液材を塗布している時に、髪の毛が殆ど抜けません。

 

これは、私のように薄毛にも悩んでいる人にとって最高にうれしいですよね。

 

ただ、成分表を見るとジメチコンが配合されていたんです。ジメチコンとは、シリコンの一種です。

 

えっ?なんで?と思って調べて見ました。

 

今、シリコンというと、毛穴をふさいでしまう悪者というイメージがありますが、質のいいシリコンは、髪がギシギシしたり、摩擦でキレたりしないようにする成分です。これが配合されていないと、むしろ髪が傷んでしまうこともあるそうです。

 

そして、シリコンの代わりに質の悪い油分の配合されたシャンプーやコンディショナーを使った人の中に、頭が臭いと訴える人がいるんですね。
これは、質の悪い油分の臭いなのだそうです。

 

ですから、シリコンが絶対的に悪いわけではないということが煌髪(キラリ)を使って納得しました。

 

あっ、いけない!話しがそれちゃったかな?

 

ルプルプVS煌髪(キラリ)の勝敗は、ルプルプの勝ちというのが体験で得た結論です。

 

 

マリアンナプラス 煌髪(キラリ)の白髪染め体験を見てみる方はコチラ

 

 

 

 

ルプルプVSマリアンナプラス 煌髪(キラリ)関連ページ

ルプルプが届きました
大評判のルプルプが届きました。どんな箱に入ってくるのか、中の冊子はどんなことが書いてるのか、 写真でご覧ください。
ルプルプで白髪染め 1回目
ルプルプ(LPLP)が届きました。自宅で簡単にそめられるのか、素手で染めてホントに大丈夫か、臭いは、染まり具合は、と検証して、口コミを辛口評価しました
ルプルプで白髪染め 2回目
ルプルプ(LPLP)の口コミの真実を検証すべく2回目の白髪染め体験です。1回目は予想通りの染め上がりでした。2回目は、予想より染まりませんでした。 それはなぜかをレポートします。
ルプルプで白髪染め 3回目
ルプルプ(LPLP)染まらないの口コミを検証のため3回目の白髪染めをしました。2回目で気がついた、使用量、コーミングを丁寧にした染まり具合の真実を伝えます。
ルプルプで白髪染め 4回目
ルプルプ 染まらないの検証も4回目になります。今回はちょっと実験をしてみました。大分涼しくなってきた状態で放置時間を短くしたり、その他にも今までと違うことをしてみた結果をご覧ください。
ルプルプ お風呂で体験 5回目
ルプルプの白髪染めも、だんだん慣れてきました。今回は、初めてのお風呂での体験をしました。もともと、お風呂の中で簡単に染められるという所が人気なんですが、はたして結果はどうなったでしょうか?
ルプルプの白髪染め 夫のナイスフォロー 6回目
ルプルプの白髪染めにもなれてきて、自分ではちゃんとできてるつもりだったんですが、塗布の仕方にちょっと足りなかった部分がありました。それを発見したのが夫だったんです。どのような点なのかをレビューします。
ルプルプ ダークブラウン 色の評価
ルプルプ ダークブラウンで白髪染めを体験してみました。口コミを見ると、この色の評価が、いい、悪いに別れるようです。実際に染めてみて評価します。
ルプルプで白髪染め 染めるコツとは
るプルrぷの白髪染め体験で、色々実験してみました。そこで、塗布する時のコツ、保温のコツ、放置時間はどのくらいがいいのかなどを整理しました。
ルプルプ(LPLP)で生え際を染めるには?
ルプルプ(LPLP)は髪と頭皮に優しい白髪染めです。素手で染めると、手の汚れがきになります。では、生え際を染めるには道づればいいのでしょうか?顔や耳に、液材がついてしまったらどうなるのでしょうか?
ルプルプ 染まらないの口コミはウソ?
ルプルプ 染まらないっていう口コミをよくみかけます。本当のことが知りたくて、実際に購入して染めてみました。体験から本当のことをレビューします。
ルプルプのトリートメント効果は?
ルプルプは、がごめ昆布に含まれるフコイダンをWフコイダンという独自に開発した成分で、頭皮と髪に働きかけて、かみに潤いを与えると、説明書にありました。実際に使用してみて、髪はどうなったのかをレビューします。
ルプルプの色落ち早い?
ルプルプの色落ち早いという口コミを見かけました。 私が体験した結果はどうだっったかをれぶーして、その原因をいくつかあげてみました。
ルプルプの白髪染めは経済的?
ルプルプ(LPLP)は、色の入りも、色持ちもいいことが分かりました。それでは、どのくらい経済的なのか検証しました。
ルプルプは男性も使える?
ルプルプ(LPLP)は、女性に大人気の白髪染めです。男性にも使えるのかを検証しました。
利尻昆布の白髪染め 口コミVSルプルプ 口コミを斬る!
ルプルプ 口コミと、利尻昆布の白髪染め 口コミはよく比較されます。ルプルプはがごめ昆布、利尻ヘアカラートリートメントは、利尻昆布を配合していますね。 管理人が体験した両者をレビューします。
ルプルプVSレフィーネ
ルプルプと並ぶ人気の白髪染めのひとつにレフィーネがあります。レフィーネを体験して、ルプルプとの違いを比較しました。
ルプルプVSレフィーネヘッドスパ
ルプルプと並ぶほどの人気白髪染めレフィーネヘッドスパの体験をしました。比較してレビューします。
ルプルプVS玉髪(たまぐし)
ルプルプと玉髪(たまぐし)を比較しました。玉髪(たまぐし)は、ハチミツ配合というところが気になります。いい点、悪い点はどんなところなのでしょうか?
ルプルプVSアプロナヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)とアデランスから発売された、アプロナヘアカラートリートメントを、実際に体験して比較しました。