利尻昆布の白髪染め 口コミVSルプルプ 口コミを斬る!

利尻昆布の白髪染めVSがごめ昆布の白髪染め ルプルプ

ルプルプの体験は、お役に立ってますか?

 

私は、ルプルプ ダークブラウンがとても気に入っていますが、それと同じくらい利尻ヘアカラートリートメントが気になります。人気の白髪染めの口コミを見ると、必ずといっていいほど、利尻昆布の白髪染めと比較してどうなの?というものを見かけます。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントを体験せずして、白髪染めは語れない!

 

 

そんな決意で、利尻ヘアカラートリートメントを試してみました。今、利尻ライトブラウンを体験中です。

 

 

利尻昆布の白髪染め、その他も気になる方はコチラ

ルプルプVS利尻 色の入り具合を比較

ルプルプも利尻ヘアカラートリートメントも、色の入りについては、いいという口コミと悪い、染まらないという口コミが同じくらいあります。

 

両者を比較する前に、白髪染めというのは、髪の色を抜かずに染めていく、白髪にも黒髪にも色がはいるけれど、画用紙にたとえれば、白と黒の紙に同じ色で絵を描いているようなものなんですね。
その上、利尻もルプルプも髪と頭皮にやさしい無添加の白髪染めなので、1回でスパッと染まらないですね。どちらも段々染まっていくタイプの白髪染めです。

 

さて、それでは色の入り具合の感想ですが、色の入り具合は利尻ヘアカラートリートメントの方がちょっぴりいいです。ただ、色の入りがいい分、色水の洗い流しに時間がかかります。シャンプーが終わって、髪の水分をふき取るタオルにも色がつきます。
ルプルプの場合は、たっぷり使うと、タオルに色がつくけれど、利尻よりはずっと少ないです。どちらも、頭皮にかゆみ、かぶれなどは無いですね。

 

 

利尻昆布の白髪染め、その他も気になる方はコチラ

 

 

ルプルプVS 利尻 トリートメント効果 比較

ルプルプも利尻ヘアカラートリートメントもトリートメント効果があるという説明です。そもそもトリートメント効果ってどんなものなのでしょうか?

 

トリートメントって、傷んだ髪を補修するものなんですね。リンスがいらないというものではないですね。両方とも馬油シャンプー&コンディショナーを使いました。
ルプルプは、数回使ううちに、洗い流している時の髪の指通りが、ものすごく良かったですね。特に、ビニールキャップ、保温キャップをかぶり、湯船につかりながら放置すると、髪の指通りは抜群です!
だけど、やっぱりコンディショナーを使った方が、よりサラサラ、フワフワに仕上がりになります。5〜6回使っているうちに、髪がふわっとしてきました。

 

利尻ヘアカラーは、1回目からハリ・コシが出ました。シャンプーしている時の髪の指通りは、ギュッ、ギュッという、ちょっとギシギシしたさわり心地です。こちらも5〜6回使っているうちにキュッ、キュッという指通りになってきました。試供品の利尻シャンプーを使うと、馬油コンディショナー無しでもいいかな。馬油シャンプーだと、コンディショナーが必要ですね。髪の状態は、ハリ・コシが増して、パリッとしている感じだけれど、フワッとした柔らかではないですね。

 

サラフワならば、ルプルプ、ハリ・コシならば利尻ヘアカラーです。

 

薄毛の悩みも深刻な私にとって、どちらも髪にボリュームが出るのでうれしいですが、どちらがいいの?と聞かれたらルプルプのサラフワが好きです。

 

 

利尻昆布の白髪染め、その他も気になる方はコチラ

 

 

 

 

ルプルプVS利尻 放置時間の比較

ルプルプと利尻ヘアカラートリートメント、どちらもお風呂の中で染められますよね。
ルプルプの放置時間の実験では、最低15分、できれば20分放置すると、色がきれいに入ります。
利尻ヘアカラーは、ホットタオルで保温し続けて10分で色が入りました。こちらも、できれば20分放置した方がきれいに色が入ります。
湯船につかりながら10分、身体を洗っている間10分、合計20分の放置時間という点では、両方ともきれいに色が入りますよ。
どうしても10分しか放置できないとい方は、ホットタオルで温め続けることができるならば利尻ヘアカラーを使って下さい。

 

 

利尻昆布の白髪染め、その他も気になる方はコチラ

利尻昆布の白髪染め 口コミVSルプルプ 口コミを斬る!関連ページ

ルプルプが届きました
大評判のルプルプが届きました。どんな箱に入ってくるのか、中の冊子はどんなことが書いてるのか、 写真でご覧ください。
ルプルプで白髪染め 1回目
ルプルプ(LPLP)が届きました。自宅で簡単にそめられるのか、素手で染めてホントに大丈夫か、臭いは、染まり具合は、と検証して、口コミを辛口評価しました
ルプルプで白髪染め 2回目
ルプルプ(LPLP)の口コミの真実を検証すべく2回目の白髪染め体験です。1回目は予想通りの染め上がりでした。2回目は、予想より染まりませんでした。 それはなぜかをレポートします。
ルプルプで白髪染め 3回目
ルプルプ(LPLP)染まらないの口コミを検証のため3回目の白髪染めをしました。2回目で気がついた、使用量、コーミングを丁寧にした染まり具合の真実を伝えます。
ルプルプで白髪染め 4回目
ルプルプ 染まらないの検証も4回目になります。今回はちょっと実験をしてみました。大分涼しくなってきた状態で放置時間を短くしたり、その他にも今までと違うことをしてみた結果をご覧ください。
ルプルプ お風呂で体験 5回目
ルプルプの白髪染めも、だんだん慣れてきました。今回は、初めてのお風呂での体験をしました。もともと、お風呂の中で簡単に染められるという所が人気なんですが、はたして結果はどうなったでしょうか?
ルプルプの白髪染め 夫のナイスフォロー 6回目
ルプルプの白髪染めにもなれてきて、自分ではちゃんとできてるつもりだったんですが、塗布の仕方にちょっと足りなかった部分がありました。それを発見したのが夫だったんです。どのような点なのかをレビューします。
ルプルプ ダークブラウン 色の評価
ルプルプ ダークブラウンで白髪染めを体験してみました。口コミを見ると、この色の評価が、いい、悪いに別れるようです。実際に染めてみて評価します。
ルプルプで白髪染め 染めるコツとは
るプルrぷの白髪染め体験で、色々実験してみました。そこで、塗布する時のコツ、保温のコツ、放置時間はどのくらいがいいのかなどを整理しました。
ルプルプ(LPLP)で生え際を染めるには?
ルプルプ(LPLP)は髪と頭皮に優しい白髪染めです。素手で染めると、手の汚れがきになります。では、生え際を染めるには道づればいいのでしょうか?顔や耳に、液材がついてしまったらどうなるのでしょうか?
ルプルプ 染まらないの口コミはウソ?
ルプルプ 染まらないっていう口コミをよくみかけます。本当のことが知りたくて、実際に購入して染めてみました。体験から本当のことをレビューします。
ルプルプのトリートメント効果は?
ルプルプは、がごめ昆布に含まれるフコイダンをWフコイダンという独自に開発した成分で、頭皮と髪に働きかけて、かみに潤いを与えると、説明書にありました。実際に使用してみて、髪はどうなったのかをレビューします。
ルプルプの色落ち早い?
ルプルプの色落ち早いという口コミを見かけました。 私が体験した結果はどうだっったかをれぶーして、その原因をいくつかあげてみました。
ルプルプの白髪染めは経済的?
ルプルプ(LPLP)は、色の入りも、色持ちもいいことが分かりました。それでは、どのくらい経済的なのか検証しました。
ルプルプは男性も使える?
ルプルプ(LPLP)は、女性に大人気の白髪染めです。男性にも使えるのかを検証しました。
ルプルプVSレフィーネ
ルプルプと並ぶ人気の白髪染めのひとつにレフィーネがあります。レフィーネを体験して、ルプルプとの違いを比較しました。
ルプルプVSレフィーネヘッドスパ
ルプルプと並ぶほどの人気白髪染めレフィーネヘッドスパの体験をしました。比較してレビューします。
ルプルプVSマリアンナプラス 煌髪(キラリ)
ルプルプとマリアンナプラス 煌髪(キラリ)の白髪染めを体験しました。比較してレビューします。
ルプルプVS玉髪(たまぐし)
ルプルプと玉髪(たまぐし)を比較しました。玉髪(たまぐし)は、ハチミツ配合というところが気になります。いい点、悪い点はどんなところなのでしょうか?
ルプルプVSアプロナヘアカラートリートメント
ルプルプ(LPLP)とアデランスから発売された、アプロナヘアカラートリートメントを、実際に体験して比較しました。