アルカリカラーの白髪染め

アルカリカラーの白髪染めについて

一般的にカラーと言えばアルカリカラーを指します。

 

色持ちが2〜3か月と長期的に持続しますが、原料の酸化染料が
人によってはアレルギーの原因になるため、使用前に
皮膚試験(パッチテスト)が必要となります。

 

脱色と染色の2つの働きをするので、明るい色が可能になります。

 

髪の毛は弱酸性なので染めた後のケアをきちんとする
必要があります。

 

<特徴>
‘アルカリ’の力で表面のキューティクルを開いて中に
染料を入れ込むと同時にメラニンを壊して髪を脱色させ
髪に色をつけています。

 

一度髪の中に入った染料は、化学反応により粒子が
大きくなるため髪の外に出られなくなるという仕組みです。

 

 

<メリット>
手軽で簡単で便利です。
シャンプーをしても色が落ちすることなく長い間髪に色が留まる
ことになります。化学発色している染料は発色も良いです。

 

 

<デメリット>
『アルカリカラー』を続ける中で、髪の傷みや弱りを感じたり、
アレルギーなどの副作用がでる可能性があります。

 

 

アルカリカラーとは、つまり、市販の1剤、2剤を使って
髪を染めるタイプのことですね。

 

 

管理人は、このタイプのヘアカラーを使ったことがありません。

 

なぜならば、髪が痛むという口コミが圧倒的に
多かったからです。

 

 

管理人が、白髪染めを始めたのは、更年期に入ってからです。

 

ですから、髪と頭皮に優しいトリートメントタイプの
白髪染めしか使ったことがありません。

 

 

その中で、ルプルプという白髪染めは、微アルカリ性
なんですね。

 

 

染まりやすさと、髪を傷めないことを考えた結果
なんだそうです。

 

使ってみると、確かに髪と頭皮を傷めずに、染める
ことができました。

 

 

液剤を洗い流している時の髪はツルツルです。

 

抜け毛も少ないので、薄毛の私には、とてもいい白髪染めです。

アルカリカラーの白髪染め関連ページ

キューティクルと白髪染め
ルプルプで白髪染めをすると、キューティクルは、どうなるのでしょうか? 調べました。
白髪染めとおしゃれ染めの違い
白髪染めとおしゃれ染めって、どう違うのでしょうか?詳しく調べました。
パッチテストってやらなきゃダメ?
白髪染めに「パッチテストを必ず行って下さい」とあります。どうしてやらなきゃダメなのかを調べました。
ヘアカラーとヘアマニキュアの違いは?
ヘアカラーとヘアマニキュアの違いをご存知でしょうか?調べました。
白髪染めを使うと抜け毛が増える?
ルプルプは、抜け毛の少ない白髪染めです。どんな白髪染めを使うと抜け毛が増えるのかを調べました。
白髪染めと育毛剤は一緒に使っていいの?
白髪の悩みを抱えている人は、薄毛・抜け毛にも悩んでいる方が多いんですね。そこで、白髪染めと育毛剤は一緒に使っていいのかを調べました。
白髪って抜くと増えるの?
白髪って、嫌ですよね。よく、白髪は抜くと増えるといいますが本当なのでしょうか?調べました。
妊娠中に白髪染めをしても大丈夫?
妊娠中の白髪染めって、大丈夫なんでしょうか?お腹の赤ちゃんに、影響があるんでしょうか?
アトピー、敏感肌でも白髪染めができる?
アトピーや敏感肌の方は、白髪染めができるんでしょうか?できるとしたら、どんな白髪染めならOKなのかを調べました。
白髪染めとシャンプーの関係は?
ルプルプは、無添加のタイプの中では、色の入りが良い白髪染めです。それでは、ルプルプを使った後のシャンプーは、何を使ってもいいのでしょうか? 体験からレビューします
冬の白髪染めのコツってある?
ルプルプを始め、ほとんどの市販の白髪染めは、25度以下では染まりません。それでは、冬の白髪染めが染まらないことが多くなりますよね。冬の白髪染めがうまく染まるコツってあるんで消化?
あさイチ 徹底攻略 オンナの白髪 まとめ
11月6日(水)NHKあさイチで徹底攻略 オンあの白髪が放送されました。とても役に立つ情報なのでまとめました。