ルプルプ(LPLP)染まらないって口コミ多いのに人気急上昇の白髪染め

ルプルプ(LPLP)人気のポイント

ルプルプを実際に購入して体験中!
ルプルプ体験談
≪ルプルプ通販サイト≫ガゴメ昆布の白髪染め

 

利尻昆布の白髪染め、その他も気になる方はコチラ

 

 

ルプルプ大人気5つのポイント

しょっちゅう使っても頭皮がかぶれない
ゴアゴアでパサパサだった髪がしっとりしてきた
トリートメント感覚で、自宅で簡単に染められる
低刺激だから薄毛にも安心して使える
ツンとした嫌な臭いがない

 

 

ルプルプヘアカラーフォームが発売になりました

 

 

ルプルプヘアカラーフォーム詳細情報のページへ

 

 

LPLP 白髪ケア・ヘアカラーフォーム公式ページへ

 

 

ルプルプのダークブラウンで実際に染めてみました

ルプルプの白髪染めで実際に染めてみました。色はダークブラウンです。

 

 

ルプルプの白髪染め体験談を見る

ルプルプ(LPLP)はこんな白髪染め

女性のオシャレやライフスタイルを応援してきた「Jコンテンツ」と
医療をはじめ、バイオテクノロジー分野の研究で定評のあるタカラバイオ株式会社
共同開発した白髪染めなんですね。

 

ガゴメ昆布のネバネバした成分に含まれる「フコイダン」の保湿力を活かして開発した
ルプルプ Wフコイダン」で髪がツヤツヤになっていくんですよぉ。

 

植物由来の天然染料、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などを使用しているから
頭皮と髪にやさしいんですよ。
薄毛の管理人もも安心して使えましたよ。
だから、素手で扱っても手が荒れないし、石鹸で洗って、ほぼ落ちるんですよ。

 

色はダークブラウン、ブラウン、モカブラウン、ナチュラルブラックの4色から選べます
低刺激だから素手で簡単に塗り込めるんですね。
髪に優しい微アルカリ性(PH8)が染まりやすくて、落ちにくく、キューティクルに優しいんですね。

 

 

白髪染めにとってPHは大事な要素なんですよ。
市販の1剤、2剤を使う白髪染めは、アルカリ性なんですね。
色が入るけれど、髪がパサパサになるんですよ。

 

逆に、人は肌は弱酸性なんですが、弱酸性の白髪染めだと、髪が傷まないけれど
色が入りづらいんです。

 

だから、ルプルプの微アルカリ性が絶妙なバランスで、髪を傷めず、色の入りやすさを
実現したんですよ。

 

 

ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント公式サイトへ

ルプルプ(LPLP)の成分の決め手はこれ!

ルプルプ Wフコイダン

 

 

北海道函館近海にしか生息しないガゴメ昆布は、ネバネバが一段と強力なんですね。
そのガゴメ昆布からのネバネバ成分に含まれる「>フコイダン」の保湿力がすごいんですね。

 

Jコンテンツ×タカラバイオの共同開発「ルプルプ(LPLP)Wフコイダンは高分子と低分子化した

 

2種類のフコイダンを組み合わせたJコンテンツだけのオリジナル成分なんですよ。

 

高分子フコイダンが肌の表面にうるおいの膜を張り、低分子化フコイダンが毛穴の奥まで
浸透するから、髪と頭皮の両方に優しくケア、髪がしっとりツヤツヤになるんですねぇ。

 

 

そして、沖縄久米島の推進612mの深海から採水される海洋深層水を使っています。
この水は、汚染の心配もない清浄な水でミネラルがたっぷり含まれています。
Wフコイダンの働きを助ける水を、こだわって配合しています。

 

植物由来の天然染料

 

 

ルプルプ(LPLP)は、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などの天然由来染料を使っているんですね。
これらの成分は頭皮と髪にとってもやさしいんですよ。肌の弱い方も安心なんですね。
だから頭皮をケアし、髪を傷めずに白髪染めができるんですね。

 

 

しかし、天然染料だけでは、色の入り具合があまりよくないんですね。
色のはいりを補うために塩基性染料を使っています。
この塩基性染料は、希にアレルギーを起こす方がいますが、安全性の高い染料として
利子rヘアカラートリートメントなど、多くのトリートメントタイプの白髪染めに使われているんですよ。

 

 

ルプルプは、容器にもひと工夫されているんですよ。

用意の内部をアルミでううってあるため、液剤が酸化したり、光による劣化などを
防いでくれます。
その製法は、特許をとったんですよ。
確かに絞り出しやすいですし、キャップの部分を下にして立てて置けるので、
最後の最後まで搾り出す工夫がされえいます。

 

 

ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント公式サイトへ

ルプルプ(LPLP)の使用方法

 

シャンプー前に使用する場合

  • 手に適量をとる
  • 頭頂部から全体にまんべんなく塗布する
  • さらにムラにならないようにクシでとかしながら全体に行き渡るようにする
  • ビニールキャップをかぶり、そ上から蒸しタオルを巻く
  • 10〜30分放置する
  • 色水が出まくなるまでよくすすぐ

 

 

シャンプー後に使用する場合

  • シャンプーした後、水気をよくふきとる
  • 適量(ミディアムヘアでゴルフボール1個分)を手に取る
  • 頭頂部などから髪全体にまんべんなく塗布する
  • さらにムラにならないようにクシなどでとかしながら全体に行き渡るようにする
  • シャワーキャップをかぶり、その上から蒸しタオルを巻く
  • 10〜30分放置する
  • 色水が出なくなるまでよくすすぐ

 

 

初めて使ってみる、染まりづらい髪質というかたは、シャンプー前の乾いた髪に
使用することをオススメします。
また、白髪が重点的にあるような部分から先に塗布するのもオススメです。

 

ルプルプの気になる口コミ 染まらないについて

ルプルプ(LPLP)が染まらないという口コミが結構見かけますよね。

これは、同じくフコイダン配合の利尻ヘアカラートリートメントも
同じように染まらないという口コミを結構見かけます。
ここで、個人差があるという以外に主に考えられる理由/span>があるんですね。

 

 

他社の白髪染めを使っていた
他社の白髪染めを使用していて、その上から使用した場合染まらないことがあるんですね。
ヘアマニキュアタイプのカラー剤を使っていませんでしたか?
ヘアマニキュアの場合、髪の表面に膜を作るんですね。そのためアルカリカラー剤などが
入りにくくなるんですよ。
ルプルプ(LPLP)はPH8の微アルカリ性なので、こうしたカラー剤で染めた後に使用すると
ちょっと染まりづらいんですね。

 

液剤をけちった
液剤をケチると、十分に染まりません。
たっぷり使わないとまだらに染まってしまいますよ。

 

染めた時の室温が低かった
白髪染めの液剤は、おおむね24度以下では染まりません。
春や秋の過ごしやすい天候の時は、案外室温が低いことがあります。
お風呂の中で染める場合、ユニットバスだとお風呂の中が24度以上になっていますが、
昔ながらのタイル張りの床、といったお風呂だと、24度よりも低いことがあります。

 

放置時間が短すぎた
ルプルプの場合、放置時間は10分以上必要です。
10分以下だと、色が入りづらいでう。
でも、30分以上放置しても、色のヒリ具合は変わらなかったですよ。

ルプルプ(LPLP)の価格

初回限定 1,980円 内容量 200g 送料540円

 

定期購入だと1本 5%オフ+送料無料=3,240円(税込・送料無料

 

ヘアカラートリートメント2本セット 定期便2ヶ月コースが断然お得

 

初回限定で安心の全額返金保証付 商品到着後10日以内の対応となります。

 

必ず電話で連絡をして、状態を伝えて下さいね。親切に対応してくれます。

ルプルプ(LPLP)はこんな人にオススメ

頭皮の健康が気になる方

髪をトリートメントしながら白髪染めがしたい方

自宅で簡単に白髪染めをしたい方

ツーンとした臭いが嫌な方

髪のボリュームが気になる方

 

ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントの公式サイトへ